金 3,641円 (-23)

プラチナ 4,571円 (-3)

[11/1]金はニューヨーク高を引き継いで続伸して始まる。その後はドル建て下落により軟化するも、ドル建てが堅調を取り戻したことで強地合いを保って引けた。プラチナはニューヨーク高、円急落を背景に大幅高に。その後は上げ幅を縮小するも、地合いは緩まずに堅調に推移する。金融政策決定会合が目白押しで様子見気分が強まっている。