金 3,625円 (+7)

プラチナ 4,526円 (-21)

[10/28]金はニューヨーク安を引き継いで売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調を受けて底堅く推移するも、円高に振れて軟調となる。プラチナはニューヨーク安、ドル建て現物相場の下落から大幅安に。市場関係者は来週の米公開市場委員会(FOMC)の発表待ちで様子見気分を強めている。