金 3,716円 (+23)

プラチナ 4,573円 (+46)

[10/18]金はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の軟調などを受けて下げ幅を拡大し、新たな材料待ちでもみ合いになる。プラチナはニューヨーク大幅安、現物安、円小幅高から軟調に推移する。