金 3,711円 (+32)

プラチナ 4,612円 (-37)

[10/8]金はニューヨーク急落を受けて売り優勢で始まる。その後は下げ幅を拡大したが、ユーロ反発などが下支えとなってもみ合いに。プラチナはニューヨーク安、円高から売り先行に。その後は大幅安状態から抜け出せず。