金 3,729円 (0)

プラチナ 4,706円 (+29)

[10/6]金はニューヨーク急伸を引き継いで買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の史上最高値更新などを受けて堅調に。プラチナはニューヨーク高、ドル建て現物相場の上伸から大幅高に。その後は円高となるも、株高から強気派、新規買いが増えた。市場関係者は世界的な金融緩和観測が強まっていることで、実物資産である金のヘッジ買いが強まると見る向きが多い。