金 3,657円 (+15)

プラチナ 4,620円 (+67)

[9/17]金はニューヨーク高と円安を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の一段高に支援されて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク続伸、円安、株高を背景に上昇。その後も衰えずに上値を伸ばす。市場関係者は米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を前に様子見気分を強めている。