金 3,642円 (+26)

プラチナ 4,553円 (+33)

[9/16]金は円安などを受けて夜高値を付ける。日中立会いでも買い優勢で始まるが、円安一服に上値を抑えられて上げ幅を縮小する。プラチナはニューヨーク大幅高を引き継いで買い優勢で始まる。一時小安くなるも、市場は地合いを緩めることはなく推移。新規失業保険申請件数は45万件に減少と市場予想の46万件を下回る。しかし、一方では第二四半期の経常収支で、前期比13%増と四半期連続の赤字拡大となる。