金 3,509円 (-7)

プラチナ 4,338円 (-27)

[9/6]金はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は軟調となるも、ドル建て現物相場の小幅高を受けてまちまちとなる。プラチナはニューヨーク大幅高、株高を背景に大幅高に。その後も堅調に推移する。週明けのロンドン市場は、米国市場の休場と新規材料はなし。