金 3,496円 (-45)

プラチナ 4,259円 (-98)

[8/30]金はニューヨーク高と円安を受けて買い優勢で始まる。その後は円安で上値を伸ばすも、円安一服を受けて上げ幅を縮小する。プラチナはニューヨーク小幅安も、現物高、円安、株高から買い先行に。その後は日経平均株価が高値を離れたことや、円の小反発を受けて上げ幅を縮小する。ロンドン市場がバンクホリデーで休場。夏季休暇中の米市場関係者も多く、景気先行き懸念は根強いまま。商いは薄く低調気味。