金 3,471円 (-40)

プラチナ 4,238円 (-41)

[8/23]金はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後はプラスサイドに転じるも、円高をきっかけに軟調に推移する。ユーロ圏の景気先行き不透明感を背景としたリスク回避の動きから、金を買う動きが見られ、下げ幅を縮小して引けた。プラチナはニューヨーク安、現物安、株安から売り先行に。その後も反発力は弱く軟調に推移する。