金 3,705円 (-49)

プラチナ 4,648円 (-48)

[6/28]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。買い一巡後はドル建て現物相場のもみ合いなどを受けて横ばいで推移。市場関係者は今後も安全資産として金に入りやすいことから上昇するのではないかと見る向きが多い。プラチナはニューヨーク高と現物相場の上昇などから買い先行に。