金 3,678円 (+35)

プラチナ 4,696円 (+154)

[5/27]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の上昇を受けて堅調に推移し、株高や円安にも支援されて上値を伸ばす。しかし、欧州の信用不安問題の拡大懸念や、南北朝鮮問題の緊迫化などの影響により、下げ幅を縮小して小幅安で引ける。プラチナはニューヨーク大幅高を引き継いで買い先行で始まる。その後も商品高などに支援されて堅調に推移する。