金 3,643円 (+13)

プラチナ 4,542円 (-17)

[5/26]金はニューヨーク高と円安を受けて買い優勢で始まる。その後は円安一服を受けて上げ幅を縮小するも、ドル建て現物相場の上昇に支援されて上値を伸ばす。南北朝鮮情勢の地政学的リスクの高まりも、安全資産への逃避先として金に買いが集まる。プラチナはニューヨーク大幅安になるも、ドル建て現物相場が上昇したことや、株高と円安から買われる。