金 3,798(-22)

プラチナ 5,254円 (-50)

[5/14]金はニューヨーク安や円高を受けて売り優勢で始まる。そしてドル建て現物相場の堅調や円高一服などを受けて下げ幅を縮小。買い一巡後は上げ一服に。17日、ギリシャの財政危機を背景と経済の混乱が続き、投資資金が金市場に流入。一時1249.70ドルの史上最高値を更新するも、終盤に週末要因などのポジション調整の売りに押されて下落。プラチナはニューヨーク安、円高、株安から軟調に推移する。