金 3,692 (+21)

プラチナ 5,107円 (+89)

[5/7]金は円急騰などを受けて売り優勢で始まる。その後は円安に振れたことでプラスサイドに転じる。欧州の財政不安を背景に安全資産としての金に資金が流入。財政危機が続く中、米株価は不安定な展開。金は利益確定の売りに押されるが、株式相場の乱高下を眺めてリスク資産を圧縮する動きが台頭して金に買いが集まる。プラチナは円急騰や株安など背景に大幅下落。その後は下げ幅を縮小する。