金 3,671 (-10)

プラチナ 5,018円 (-173)

[5/6]金は円高などを受けて売り優勢で始まり、ドル建て現物相場の上げ一服などを受けて軟調に推移。ユーロ圏の財政懸念がスペイン、ポルトガルなどの諸国に拡大。これを受けて投資家によるリスク回避の動きに金塊市場へ資金が流入。一時プラスサイドに転じるも、ユーロ安を背景にリスク回避の動きで下落。プラチナは連休中にニューヨーク大幅安、円高、株安を背景に大幅下落。その後も軟調に推移する。