金 3,573円 (+25)

プラチナ 5,317円 (+2)

[4/7]金はニューヨーク市場で上昇。これを受けて買い優勢で始まる。その後は円安に振れたことに支援されて上値を伸ばす。そして円安一服をきっかけに上げ一服。ギリシャの信用不安により、安全資産の逃避先として、金に投資資金をシフトさせる動きが活発化。プラチナはニューヨーク市場で反落したものの、ドル建て現物相場の上昇や、円安に傾いたことから値を飛ばす。その後は一段高に。