金 3,551円 (+10)

プラチナ 5,296円 (+25)

[4/5]金は円安を受けて買い優勢で始まる。さらにドル建て現物相場の上昇に支援されて堅調となる。欧州市場がイースターで休場になり、NY市場は薄商いでしたが、前週の流れを引き継いで一連の良好な経済指標を受けて、世界経済の回復への期待を追い風に連動する形で金もつれ高となる。プラチナは円安が進んだことや、ドル建て現物相場が上昇したことから上昇。