金 3,380円 (-16)

プラチナ 4,883円 (-3)

[3/17]金はニューヨーク市場で急伸。買い優勢で始まる。日銀金融政策決定会合後に上げ幅を縮小するも、円の反落に支援されて上値を伸ばす。原油先物相場の堅調、米株式市場の上昇が支援材料に。プラチナはニューヨーク市場で上昇。これを受けて買い優勢で始まる。円安や株一段高となりましたが、買いは続かずもみ合いに。