金 3,354円 (+8)

プラチナ 4,816円 (+60)

[3/11]金は株高一服を受けてニューヨーク市場で急落。売り優勢で始まる。ドル建て現物相場の下げ一服を受けて値を戻すも、中国における金融引き締めへの懸念を背景にした、円高や株高一服を受けて再び下値を試す。その後は外為市場でユーロが対ドルで上昇。これを眺めて金買いが入り小幅高で引ける。プラチナも株高一服や金急落を受けてニューヨーク市場で急落。売り優勢で始まる。金のドル建て現物相場の反発につられて値を戻すも、中国における金融引き締めに対する警戒感で再び下落。