金 3,346円 (-22)

プラチナ 4,756円 (+10)

[3/10]金はニューヨーク市場で続落。売り先行で始まる。その後はドル建て現物の堅調な値動きによりプラスサイドに。しかし、ギリシャの財政問題が落ち着き、安全資産としての金の魅力が低下するという見方が市場に広がって売りが膨らむ。プラチナはニューヨーク市場で反落。売り一巡後はドル建て現物相場の堅調な動きからプラスサイドに転じる。その後は現物相場が上伸したことから、プラチナも上値を伸ばして引ける。