金 3,362円 (+11)

プラチナ 4,627円 (+3)

[3/3]金はニューヨーク市場で急反発。ドル安を受けて上昇した流れを引き継いで買い優勢に。ドル建て現物相場の上げ一服を受けて上げ幅を縮小。しかしその後は再び上値を試す。ギリシャ政府が財政赤字削減を閣議決定したことで財政悪化懸念が緩和。この影響でユーロが対ドルで急伸し、NY原油先物相場の上昇や、商品全般が上昇したことも金買い要因に。プラチナはニューヨーク市場で大幅高に。ドル建て現物相場の上昇による影響で買い優勢に。