金 3,299円 (+30)

プラチナ 4,536円 (+9)

[2/12]金はニューヨーク高を受けて買い優勢に。その後はドル建て現物相場の反落を受けて上げ幅を縮小。午後は株高に支援されて地合いを引き締める。ユーロ圏のGDP伸び率が市場予想を下回ったことに加え、ギリシャの救済計画の詳細が明らかにされない事に嫌気。中国人民銀行の預金準備率の引き上げも弱材料視に。プラチナはニューヨーク高、ドル建て現物相場の回復、株高から堅調に推移。