国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,900円 (-26)
プラチナ 3,684円 (+4)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,332.70ドル (+0.60)
NYプラチナ 999.40ドル (+2.80)

海外金市況コメント

2/22、ニューヨーク市場の金相場は下落。金は米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表後に引き続き軟調に推移した。コメルツバンクのアナリスト、カーステン・フリッシュ氏は「FOMC議事要旨の基調はタカ派的で、米経済の力強さとインフレ目標の達成への自信が感じられた」と説明。「FRBに予想よりも利上げを加速させる意志があることを示す、新たな兆候とみなされた」と付け加えた。