国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,926円 (+2)
プラチナ 3,680円 (-25)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,332.10ドル (+0.90)
NYプラチナ 996.60ドル (-7.40)

海外金市況コメント

2/21、ニューヨーク市場の金相場は下落。金は米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表後に軟調に推移した。USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、ロブ・ハワース氏は「議事要旨はやや一段とハト派的な内容となったようだ。発表後に米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げよりも米国の財政赤字が市場を左右する材料になるとの懸念が広がり、金相場が上昇し、ドルが下落した」と述べた。