金 3,248円 (-31)

プラチナ 4,476円 (-24)

[1/28]金はニューヨーク安を受けて下落。その後はオバマ米大統領の一般教書演説が好感されて買い戻しが先行。終盤にかけて外為市場でドルが対ユーロで上昇したことを嫌気して上幅を削り小幅下落。市場全体にリスク回避の思惑が漂っており、利益確定の売りが出やすい環境に。プラチナはニューヨーク大幅安を引き継いで売り先行に。その後はプラスサイドに切り返す。