国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,949円 (-26)
プラチナ 3,660円 (-11)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,355.30ドル (-2.70)
NYプラチナ 1,001.10ドル (+2.00)

海外金市況コメント

2/15、ニューヨーク市場の金相場は上昇。金は米利上げ観測懸念により軟調に推移した。RBCウェルス・マネジメントのマネジング・ディレクター、ジョージ・ジェロ氏は「債務水準はインフレの主因となり得る。金利上昇のシグナルになろう」と語った。さらに、「1.5兆ドルのインフラ再建や、フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州、プエルトリコでの天災からの復興も、インフレ圧力となり、金利上昇を招く」と懸念した。