金 3,472円 (+35)

プラチナ 4,980円 (+108)

[1/19]金はニューヨーク市場が休場のため商いは低調気味。午前中はドル建て現物の上昇に支えられ堅調。ドイツの経済指標の悪化やギリシャの債務問題を背景にドルが対ユーロで上昇傾向。午後は円高により圧迫されて下落。終盤にかけてドルが弱含んだことや、プラチナの上昇に引っ張らる形で金も上昇して引けました。プラチナはニューヨーク市場が休場ですが、ドル建て現物相場が上伸したことから買い先行に。買いへ意欲が旺盛に。