金 3,437円 (-48)

プラチナ 4,837円 (-50)

[1/15]金はニューヨーク高となりましたが、円高を受けて小幅安で始まりました。その後はドル建て現物相場の反落を受けて下げ幅を拡大。ギリシャの財務悪化や中国の金融引き締め政策への転換を背景に、世界経済への回復の遅れに対する懸念がくすぶり、ドル高・ユーロ安が進行。これを眺めて金は売られました。プラチナはニューヨーク大幅高とドル建て現物相場が上昇したことから序盤から上昇。午後は終盤に上げ幅を縮小しました。