金 3,485円 (+3)

プラチナ 4,887円 (+72)

[1/14]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まりました。ドル建て現物相場の堅調や円安を受けて上げ幅を拡大。その後は米主要経済統計の内容が悪かった事から市場ではリスク回避の流れに。金も軟調に推移。その後は欧州中央銀行(ECB)理事会後のトリシエ総裁の会見により、現行の低金利政策はまだ続くとの見方との内容に支援されて小幅上昇して引けました。プラチナはニューヨーク安もドル建て現物相場の上昇と円安で買い先行に。午後は円安もドル建て現物相場の軟化から上げ一服。