金 3,535円 (+22)

プラチナ 4,848円 (+77)

[1/8]金はニューヨーク市場でドル高を受けて下落。しかし、円安に支援されて買い優勢で始まりました。序盤の買い一巡後はドル建て現物相場の下落を受けて上げ幅を縮小。中国政府が発表した12月の貿易収支は予想を超える伸び。輸出が前年同月比17.7%増で、輸入は55.9%増とそれぞれ大幅に増加。中国から波及する世界経済回復への期待から原油需要増観測が高まり、金の上昇にもつながりました。プラチナは買い一巡後に上げ幅を縮小しました。午後は3連休前による利食い売りで一時小安くなり、終盤から引けにかけて買い戻されました。