国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,858円 (-19)
プラチナ 3,421円 (-39)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,257.10ドル (+8.50)
NYプラチナ 881.20ドル (+5.80)

海外金市況コメント

12/14、ニューヨーク市場の金相場は上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げペースは緩やかになるとのことから金は買われた。しかし、その後の11月の米小売売上高が良好な内容となったことでドル対ユーロで上昇し、金は上げ幅を縮小した。シンクマーケッツの主任市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は「米小売売上高がこのような力強いペースで増加したの2012年以来だ」と語った。