金 3,383円 (+10)

プラチナ 4,483円 (+40)

[12/25]金はニューヨーク高を引き継いで買い優勢で始まりました。その後は円高を受けて上値の重い展開になりましたが、終盤ではユーロ高を受けて値を戻しました。プラチナはニューヨーク大幅高を引き継ぎ、ドル建て現物相場が急伸したことから買い優勢で始まりました。午後はさらに上値を伸ばし、高値を維持して引けました。