金 3,337円 (0)

プラチナ 4,320円 (+42)

[12/22]金はニューヨーク市場でドル高を受けて急落。この流れを引き継いで売り優勢で始まりました。その後はドル建て現物相場が方向感に欠ける値動きにもみ合いになりました。クリスマスを目前に商いは低調気味。市場では年末に向けて調整の売りが圧迫要因となる可能性があり、「実需買いの意欲が強く、底堅い値動きとなりそう」とみる向きが多いようです。プラチナはニューヨーク安を引き継いだドル建て現物相場の下落も下げ幅を縮小。