国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,994円 (+17)
プラチナ 3,672円 (+29)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,296.50ドル (+18.30)
NYプラチナ 954.60ドル (+18.40)

海外金市況コメント

11/17、ニューヨーク市場の金相場は上昇。昨年のロシア政府による米大統領選への介入疑惑を捜査しているモラー特別検察官が、10月半ばにトランプ陣営の幹部10数人に対しロシア関連文書の提出を命じていたと報道。これを受けてトランプ米政権の先行き不透明感が再燃。投資家がリスク回避姿勢を強め、金は買われた。三菱商事のコモディティーズアナリスト、ジョナサン・バトラー氏は「株価が今は上昇し尽くした可能性が懸念されており、目先はそれが金相場を支えるだろう」と述べた。