国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,991円 (-25)
プラチナ 3,624円 (-46)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,269.20ドル (-8.90)
NYプラチナ 921.90ドル (-5.90)

海外金市況コメント

11/2、ニューヨーク市場の金相場は下落。米雇用統計で非農業部門就業者数と平均時給が市場予想を下回ったことから、金は買われた。その後は米ISM非製造業景況指数や米製造業受注が市場予想を上回ったことから、外為市場でドルが対ユーロで上昇。さらに米原油先物相場が年初来高値を更新し、米株価も一時史上最高値を更新したことで、投資家のリスク回避姿勢が後退し、金は売られた。クオンティテーティブ・コモディティー・リサーチのピーター・ファーティグ氏は「緩やかな利上げを行うだろうとの見通しは、ドル高を誘う。ドル高は、金にとって弱材料になる」と述べた。