国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,006円 (+2)
プラチナ 3,634円 (0)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,279.00ドル (+0.70)
NYプラチナ 926.70ドル (+1.20)

海外金市況コメント

10/25、ニューヨーク市場の金相場は上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事で、共和党上院議員の大半がイエレン現議長より、スタンフォード大のジョン・テイラー教授を支持しているとの報を受けて、追加利上げに対する警戒感から金は売られた。しかし、その後はドルが対ユーロで軟化したことや、米株価の反落を受けて金は買い戻された。コメルツバンクのアナリストはリポートで、「トランプ米大統領がまさにテイラー氏を指名した場合、金は急落する見通しだ」と指摘した。