国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,024円 (+26)
プラチナ 3,653円 (+22)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,304.60ドル (+8.10)
NYプラチナ 947.90ドル (+6.10)

海外金市況コメント

10/13、ニューヨーク市場の金相場は上昇。9月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、これを受けてドル安ユーロ高が進行し金は買われた。また、トランプ大統領がイランの核合意順守を認めないと発言したことで金買いを後押しした。RJOフューチャーズのシニア商品ストラテジスト、フィリップ・ストレイブル氏は「心理的な節目となる1300ドルを突破すると、積極的な買いが入った」と指摘した。