金 3,462円 (-80)

プラチナ 4,280円 (-25)

[12/4]金はニューヨーク高に。しかし、ドル建て現物相場の上げ一服を受けて売り優勢で始まりました。その後はドル建て現物相場の軟調を受けて下げ幅を拡大。本日発表された米雇用統計は、失業率・非農業部門雇用者数ともに予想外の良好な数字を記録。これを受けてドルが対ユーロで急上昇したことと、原油相場の下落に投機筋らによる手仕舞い売りが殺到する展開に。プラチナはニューヨーク安に。その後はドル建て現物相場が下落したことから2ケタ安に。午前中に売り一巡となった後、午後は安もちあいとなりました。