国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,029 (+25)
プラチナ 3,628円 (+6)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,311.50ドル (+14.00)
NYプラチナ 940.20ドル (+8.10)

海外金市況コメント

9/25、ニューヨーク市場の金相場は上昇。北朝鮮の李容浩外相がトランプ米大統領の最近の発言に対して「明確な宣戦布告だ」と述べ、北朝鮮には米国の戦略爆撃機の撃墜を含めあらゆる対抗措置をとる権利があると主張。これを受けて朝鮮半島の緊張の高まりから、投資家がリスク回避姿勢を強め金は買われた。RJOフューチャーズシニア商品ブローカーのフィリップ・ストレイブル氏は、米国と北朝鮮の緊張の高まりが「資産需要の変化をもたらし、米S&P500種指数のような資産から、金や銀、米国債のような安全資産への投資に移行する」と分析した。