国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,021円 (-20)
プラチナ 3,745円 (-12)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,328.00ドル (-4.70)
NYプラチナ 983.20ドル (-3.30)

海外金市況コメント

9/13、ニューヨーク市場の金相場は下落。北朝鮮問題や米国でのハリケーン「イルマ」への過度な懸念が後退する中、投資家のリスク回避姿勢が後退。米長期金利の上昇などを背景に対ユーロでドルが上昇し、金は下落した。ただ、北朝鮮問題は解決したわけではなく、懐疑的な見方は根強い。サクソ・バンク(コペンハーゲン)の商品戦略部門責任者、オレ・ハンセン氏は金相場の下落について「為替主導のようだ」と述べた。