国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,008円 (-21)
プラチナ 3,768円 (-29)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,344.50ドル (+14.10)
NYプラチナ 1,009.00ドル (0)

海外金市況コメント

9/5、ニューヨーク市場の金相場は上昇。北朝鮮による核実験実施を背景に金は買われた。ブレイナード理事が利上げは慎重と発言をしたことで、追加利上げ観測が後退。米株価が大幅下落したことで金買いを後押しした。コメルツバンクは顧客向けメモで「北朝鮮が9月9日の建国記念日を祝う前に新たなミサイルを発射するかもしれないと考えられている。これは地域の地政学的な緊張を一段と高める」と指摘。その上で、「安全な資金逃避先としての金需要がまだある」と述べた。