金 3,448円 (+8)

プラチナ 4,241円 (-32)

[11/24]金はニューヨーク高からドル建て現物相場が上昇したことを受けて大幅高に。50円以上の上昇幅を維持して引けました。25日、朝方は前日の流れを引き継ぎ堅調に推移。しかし、終盤にかけて感謝祭に伴う休場を前に、積極的な商いは手控えられ、ポジション調整の売りに上げ幅を縮小して小幅高で引けました。プラチナはニューヨーク大幅高から買い先行となりました。しかし、買い一巡後に上げ幅を縮小。午後は一時上げ幅を拡大するも終盤は伸び悩みました。