金 3,440円 (+48)

プラチナ 4,273円 (+53)

[11/20]金はニューヨーク高に。今後もドル安傾向が続くとの見方から、実物資産としての金に買いが集まりましたが、ドル建て現物相場の下落を受けて売り優勢で始まりました。その後もドル建て現物相場次第の値動きに。午後は下げ幅を縮小しました。プラチナはニューヨーク安から売り優勢となりました。連日2ケタ安に。