国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,846円 (-8)
プラチナ 3,667円 (-34)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,292.40ドル (+9.50)
NYプラチナ 981.70ドル (+7.20)

海外金市況コメント

8/17、ニューヨーク市場の金相場は上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で公表された追加利上げの先送りや、欧米株価の下落を受けて、安全資産である金は買われた。ヘレウス・メタル・マネジメントのバイスプレジデント、ミゲル・ペレスサンタリャ氏は「前日公表のFOMC議事要旨を受けた年内追加利上げ観測の後退や、きょう公表された欧州中央銀行(ECB)の定例理事会議事要旨でユーロ相場の過熱が指摘されたことが金の支援材料になり、ターゲットとされる1300ドルに向かいつつある」と述べた。