国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,841円 (+5)
プラチナ 3,687円 (+3)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,294.00ドル (+3.90)
NYプラチナ 989.70ドル (+3.80)

海外金市況コメント

8/11、ニューヨーク市場の金相場は上昇。クオンティテーティブ・コモディティー・リサーチのピーター・ファーティグ氏は「北朝鮮に関するトランプ米大統領の10日夜の発言を受け、安全資産への逃避が続いている」と指摘。「こうした米朝間の緊張がすぐに和らぐことはないとみられ、金相場の下支えになりそうだ」と述べた。キャピタル・エコノミクスは「トランプ大統領の発言が、以前のように言葉の応酬にすぎないと判明した場合、投資家の注目が米利上げに戻り、金相場が下落しても不思議ではない」との見方を示した。