金 3,396円 (+13)

プラチナ 4,280円 (+44)

[11/17]金はニューヨーク市場でドル安・株高を受けて上昇。この流れを引き継いで買い優勢で始まりました。その後は上値を伸ばし、年初来の高値を付けましたが、午後に入るとドル建て現物相場の反落を受けてマイナスに。南アフリカの第四半期の金生産高が前期比で4.8%増えましたが、前年同月比で2.9%減少したことも弱材料視に。しかし、終盤にかけて安値拾いの買いに切り返し小幅上昇して引けました。プラチナはニューヨーク市場で50ドル以上の上昇。序盤から値を伸ばしました。午後も堅調に推移。終盤にやや上げ幅を縮小しました。