金 3,383円 (+31)

プラチナ 4,236円 (+122)

[11/16]金はニューヨーク市場でドル安や株高を受けて反発。この流れを引き継いで買い優勢で始まりました。その後はドル建て現物相場の上げ一服に上値を抑えられる場面も見られましたが、円安を受けて一段高に。ドル安傾向や欧米市場での株高もリスク選考度が高まり、ファンド筋や投機筋による買いが集中。史上最高値を更新。プラチナはニューヨーク急反騰を引き継ぎ、ドル建て現物相場が上昇したことを背景に、午前は期中から期先にかけて上昇。午後に入るとドル建て現物相場の上昇により一段高に。