国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,762円 (-9)
プラチナ 3,582円 (+38)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,219.10ドル (+4.40)
NYプラチナ 919.00ドル (+20.30)

海外金市況コメント

7/12、ニューヨーク市場の金相場は上昇。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言は、早期の追加利上げに慎重なハト派的な内容と受け止められ金は買われた。しかし、その後はドル高ユーロ安が進行すると金は売られ上げ幅を縮小して引けた。HSBCセキュリティーズのアナリスト、ジェームズ・スティール氏は「金相場は金利上昇の環境に対しマイナスに反応するが、限度がある」と述べた。また、イエレン議長の証言は「引き締め政策が必ずしも急激なものではない」ということを示唆したと述べた。