国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,770円 (0)
プラチナ 3,575円 (+29)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,209.70ドル (-13.60)
NYプラチナ 904.10ドル (-6.20)

海外金市況コメント

7/7、ニューヨーク市場の金相場は下落。6月の米雇用統計は市場予想を上回り、堅調との見方が強また。米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げを後押しするとの思惑や、ドルが対ユーロで上昇したことから、金は軟調に推移した。シンクマーケッツの主任市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は「米国の雇用統計は素晴らしい数値だった」と指摘。「利上げの障害となるような要素は全くなかったので、金のトレーダーにとって悪材料となった」と述べた。